WordPressでカテゴリ別にサイドバーウィジェットを表示非表示する方法

覚書です。

目次

WordPressでカテゴリ別にサイドバーウィジェットを表示/非表示する方法

 昔、Display Widgetsというプラグインを使っていましたが、なくなってしまったようです。

代替プラグインとして次のようなものがあります。

Widget Logic:is_category('カテゴリ名')のような条件をウィジェットに追加することで、特定のカテゴリページでのみウィジェットを表示するように設定できます。プログラマーは喜ぶかもしれませんが、GUIに癖があるため一般人はわかりません。そこは小さな問題です。大きな問題として更新されていませんでしたので、見送りました。

WordPress.org 日本語
Widget Logic Widget Logic lets you control on which pages widgets appear using WP's conditional tags.

Widget Options:比較的知られたプラグインのようです。怪獣(恐竜かな?)が歯車を加えたキャラがチャーミングで機能が豊富です。

WordPress.org 日本語
Widget Options – The #1 WordPress Widget & Block Control Plugin Widget Options gives you super powers to control your site’s sidebar widgets and all Gutenberg blocks on pages, posts & other custom post types.

Conditional Widgets;シンプルなプラグインです。カテゴリの表示と非表示ができます。

ちなみに、cocoonはデフォルトで対応しているためこのプラグインはいりません。Swellは必要です。

手動リンクの作り方!画像と文字の縦並びリストの作り方

画像と文字の縦並びリストを作り、マニュアルでリンクを設定すればいいわけですね。

ウィジェットの見出しに「厳選おすすめ記事」とでもつけて…

<ul>
<li class="manual-link"><a href="#"><img src="image.jpg" class="manual-link-img"></a>
<a href="">おすすめ記事1</a></li>
<li class="manual-link"><a href="#"><img src="image.jpg" class="manual-link-img"></a>
<a href="">おすすめ記事2</a></li>
</ul>

altとtitleぐらいつけてもいいかもしれません。altは画像が表示できないとき、代替で表示します。
SEO効果はないかもしれませんが、マイナスになることはないでしょう。

<ul>
<li class="manual-link"><a href="#" title="タイトル"><img src="image.jpg" class="manual-link-img" alt="画像代替テキスト"></a>
<a href="">おすすめ記事1</a></li>
<li class="manual-link"><a href="#" title="タイトル">><img src="image.jpg" class="manual-link-img" alt="画像代替テキスト"></a>
<a href="">おすすめ記事2</a></li>
</ul>

画像のリンクは人気記事で使われている画像からurlを拾います。

cssはこんな感じでしょうか。alignは非推奨のようなので、使いません。

/* マニュアルリンク */
.manual-link-img{
	float:left;
}

.manual-link{
	margin:0;
	padding:15px 0;
	line-height:1.5;
	clear:both; /*floatの解除*/
}

数が多くない場合、個人的にはこの方法に落ち着きそうです。1番簡単ですし…。floatの解除方法は、他に、overflow: hidden;とclearfixを使う方法があるようです。

手書きがやっぱ融通がきくし、最強なのでしょうか。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次